経営者と従業員の間に生じるギャップ

 こんにちは、フリーランス事務代行のシブサワです。
 日々、企業やその従業員と接する中で、会社と従業員の間に齟齬が生じる場面をよく目にします。これらの齟齬は、組織のパフォーマンスや社員のモチベーションに大きな影響を与えるため、経営者にとっても悩ましい問題ではないでしょうか。

 今回は、会社と従業員の齟齬が起きる理由について考えてみたいと思います。

コミュニケーション不足

 最も一般的な原因の一つは、コミュニケーションの不足です。企業のビジョンや目標、戦略が経営層から従業員に十分に伝わっていない場合、従業員は自分たちの仕事が企業全体の目標にどう貢献しているのか理解できません。このような状況では、従業員が自らの役割に対して意義を見出すことが難しくなり、結果としてモチベーションの低下やパフォーマンスの低下ひいては離職につながることもあるでしょう。

価値観の違い

 企業の文化や価値観が従業員個人の価値観と一致しない場合、ギャップが生じることがあります。例えば、企業が利益追求を最優先とする一方で、従業員が社会貢献やワークライフバランスを重視する場合、価値観の不一致がストレスや不満を引き起こします。

期待の不一致

 従業員と経営者が持つ期待の不一致も、ギャップの大きな原因です。例えば、経営者が従業員に対して高いパフォーマンスや長時間の労働を期待している一方で、従業員が家庭やプライベートの時間を重視している場合、双方の期待が食い違います。

キャリアパスの不透明さ

 従業員が自分の将来のキャリアパスについて不透明な状況に置かれると、不安や不満が募ります。明確なキャリアパスが示されていない場合、従業員は自分がどのように成長し、どのような役割を担うことができるのかを見失いがちです。

公平性の欠如

 企業内での評価や昇進が不公平だと感じられる場合も、ギャップが生じやすくなります。特定の従業員ばかりが評価され、他の従業員が適切に評価されていないと感じると、組織全体のモラルが低下し、不満が募ります。

職場環境の問題

 職場環境が従業員の期待に合わない場合も、ギャップが生じます。例えば、過度なストレスや長時間労働、ハラスメントの問題がある場合、従業員は職場に対して不満を持ちます。長時間労働やノルマ達成のプレッシャーなど、従業員が過度な負担を感じている場合、心身に悪影響を及ぼし、離職につながる可能性があります。

「では、どうしたらいいのか?」解決法について

1:コミュニケーション不足を解消

経営層と現場の従業員が定期的にコミュニケーションを取れる場を設けましょう。
・情報共有を徹底し、透明性の高い経営を目指す
・従業員の意見を積極的に聞く体制を整備する

2:価値観の理解・尊重

会社は、従業員の価値観を理解し、ワークライフバランスや自己実現を支援する制度を整えてみましょう。従業員は、会社の理念やビジョンを理解し、会社の一員として貢献する意識を持つ機会があるとより望ましいです。
・双方が定期的にコミュニケーションをとり、互いの価値観を理解し合う機会を持つ
・自社の価値観を明確に伝えるとともに、従業員の価値観を尊重する

3:期待値のすり合わせ

価値観同様に会社の価値観、従業員の価値観をお互いに理解し尊重し合うことが大切です。また、期待値の調整や柔軟な働き方の導入をしてみましょう。
・相手の期待値を知る機会を持つ
・会社の期待値を伝える。明確なキャリアパスをもって期待値が添えられるとなお良い

4:キャリア支援を行う

企業は定期的なフィードバックやキャリアカウンセリングを提供し、従業員の成長をサポートする必要があります。
・個々の従業員のキャリア目標に合わせたキャリアパス形成を支援する
・社内研修やスキルアップ支援制度を充実させる

5:公平性を持った制度・体制

従業員の意見を人事制度に反映する仕組みや、公平な評価制度を設け、透明性を持って運用することが重要です。
・客観的な基準に基づいた人事制度の構築
・昇進や給与決定のプロセスを透明化する

6:職場環境の改善

メンタルヘルスのケアを充実させたり、健康的な職場環境を整え従業員の声に耳を傾ける姿勢が必要です。
・長時間労働の是正や、ワークライフバランスを重視した働き方改革を進める
・ノルマ達成のプレッシャーを軽減し、従業員のモチベーションを高める

ギャップをなくし円滑な事業運営を目指しましょう

 会社と従業員の間にギャップが生じる理由は多岐にわたりますが、根本的な原因はコミュニケーションの不足や価値観の違い、期待の不一致などにあります。これらの問題を解決するためには、経営者は従業員との対話を重視し、柔軟な対応を心掛けることが必要です。
 また、公平で透明性のある評価制度や明確なキャリアパスの提供、健康的な職場環境の整備なども重要です。経営者として、従業員との齟齬を最小限に抑え、組織全体のパフォーマンス向上を目指しましょう。

事務代行・カウンセラーとしてのサポートはこんなことをします

 会社と従業員の間に生じるギャップ解消のためにこのようなサポートを提供します。

  • 1on1セッション代行
  • 経営層のコーチング、壁打ちセッション
  • キャリア支援プラン提案

経営者・従業員の皆様の橋渡しとなるサポートをご提案いたします。

事務代行についてはこちらから▶︎オンライン事務代行サービス

自己理解を深めるコーチングセッションこちらから▶︎