歴史から学ぶビジネスポイント

こんにちは。

経営サポート秘書の渋澤です。

歴史が好きな方、多いですよね。
私もその一人です。

昔あった史実を見ながら学ぶところも多く、
「これって現代にも通じる!」と思い
勉強しながら読んだりしています。
面白いな、と思ったポイントをいくつか。
四角グリーン歴史から学べるのは大局観
 (物事の全体的な状況や成り行きに対する見方・判断)
四角グリーン歴史を学ぶ意味は「価値観の変化」を見ること。
四角グリーンその人の持つ大義を知る。
今だからこそ一番感じられるのは
「価値観の変化」を見ること。
ということ。
「今ここ」の実際の現場にいると変化の渦中に置かれ
その変遷は見にくいかもしれませんが引きの視点で見ると
どのように
何が変わったのか
が見えやすい。
この客観的な視点はコーチングと同じだな~と思いました。
また、もう一つは
その人の持つ大義を知る。
ということ。
歴史上の登場人物が
どのような人で、
どのような思いで動いたのか?
という価値観を知ると
「この思い」があったから「こう動いた」というのが見えます。
現代の世に名を遺す人はみな、
「思い」があった人ばかり。
これもやはりコーチングと同じ。
クライアントの中にある本当の気持ち、大事にしていることを
一番に考える。
ここが確立していると
自分自身はやりきった!!
という満足感が持てます。
あなたにとっての
「大義」
はなんでしょう?
ご自分の価値観の変遷、
大義を見つめてみませんか。

お問い合わせはこちらから